【補修ナビ・99工房】補修のコツ/マスキングの方法【ボディ】ページ。車の傷のDIY補修・塗装をサポート

99工房トップへ

スプレー塗料の粒子は想像以上に細かく、ちょっとしたすき間にも入り込んで付着してしまうため、塗装の不要な部分をていねいに覆う必要があります。

ラインを活かす

ドアのスキ間やプレスライン、モール等、境界がはっきりしているラインに沿ってマスキングすれば、旧塗装色と補修ペイントの色ズレが目立ちにくくぼかしやすくなります。

2 広めに空ける

マスキングは、補修箇所だけを囲むのではなく、ドア1枚分などパーツ単位でマスキングしていきましょう。

注意

補修箇所だけを直線的にマスキングしてしまうと、旧塗装色との境目が目立ってしまい、うまくぼかせません。

3 とにかくていねいに

ちょっとのすき間にも塗料は入り込みます。完ペキにテープを貼ってください。

商品ページを見る

ページトップへ