大きな穴(マフラー)

補修サンプル Before→After 大きな穴も、これでOKです!

補修の成果をイメージして、 補修スタート!

1 汚れ落とし

耐水サンドペーパー150番で、徹底的に汚れやサビを落とします。


2 脱脂

シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭きます。

シリコンオフでの脱脂を必ず行いましょう。

注意

パテ補修の大敵は油分です。塗装面に油分が残ったままだと、せっかく塗ったパテが後からはがれ落ちる原因になります。

3 パテで埋める

付属のセラミッククロスを穴がふさがる大きさに切り、水で少し湿らせます。片面全体にパテを薄く均一に塗り込み、穴あき部分にあて固定し、その上からパテを適当な厚さに塗ってください。

パテについて

4 テープで補強

パテが乾燥したら(最低1日)、補強のためマフラー耐熱テープを貼り付けます。

大きな穴も、これでOKです。ゴール!

マフラー補修はクルマの下にもぐって行う作業です。くれぐれも注意して慎重に行ってください!


ページトップへ