へこみキズ(ボディ) レベル:近くから見ても目立たない 難易度:WONDERFUL

補修サンプル Before→After 近くから見ても目立たない納得の仕上がり!

補修の成果をイメージして、 補修スタート!

1 水洗いをする

2 補修範囲の確認

定規を当ててへこみの範囲をチェックし、その範囲をマーキングしておきます。


3 下地研磨

耐水サンドペーパー150番で補修範囲の塗装をはがし、320番で周囲との段差を落としてなめらかに仕上げます。

サンドペーパーについて


4 脱脂

シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭きます。

塗装やパテ塗りの前には必ず脱脂しておきましょう。

注意

ペイント補修の大敵は油分です。塗装面に油分が残ったままだと、せっかく塗ったパテやペイントが後からはがれ落ちる原因になります。

5 厚づけパテ塗り

まずへこみの奥に押しつけるように塗り、周辺部の方が薄くなるなるように盛り上げていきます。

パテについて

パテの使い方


6 厚づけパテ研磨

耐水サンドペーパー600番でていねいに研磨していきます。とことんこだわりましょう。

なめらかになるまで仕上げます。

サンドペーパーについて

研磨パッドを使えば力が均等にかかり、キレイに仕上がります。

注意

この作業が、仕上がりを決めるポイントです。指で触れても段差が感じられなくなるまで研磨します。逆に「研磨し過ぎたかな?」と感じたなら、パテ塗りから再トライしてください。

7 うすづけパテ塗り&研磨

もし、研磨中、パテ埋めした箇所に気泡による穴が出てきたら、うすづけパテを使って 埋めてください。 そしてパテが硬化した後、再び研磨します。

パテについて


8 脱脂

シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭きます。


9 プラサフ塗装のマスキング

補修箇所より少し広めにマスキングします。

プラサフはかなり広く飛び散りますので広い範囲をマスキングします。

10 プラサフ塗装

一気に塗ろうとせず、数回に分けて塗り重ねてください。

塗装について

マスキングしていない部分が完全に隠れるまで塗ります。

11 プラサフ研磨

耐水サンドペーパー1000番で、プラサフ塗装した部分と周囲の塗装の段差をならすように研磨していきます。

サンドペーパーについて

プラサフ塗装した部分の外周部から作業してください。
研磨パッドを使えば力が均等にかかり、キレイに仕上がります。

注意

周囲の塗装との境目に段差が残っていると、カラー塗装した時に必ず目立ってしまいます。なめらかになるまで研磨しましょう。

ここまで研磨します

指でなぞっても段差が分からない、ツルツルの状態。


12 コンパウンド細目

カラー塗装前の下地作りです。塗装面周囲の変色・劣化した古い塗膜を磨き落とし、カラーペイントのノリを向上させます。

コンパウンドについて


13 脱脂

シリコンオフをスプレーしてキレイなタオルで拭きます。


14 カラー塗装のマスキング

スプレー塗料はかなり飛び散るので広い範囲をマスキングしておきましょう。

マスキングの方法(ボディ)


15 ボカシ剤

カラーペイントをスプレーする直前に、ボカシ剤を広い範囲にスプレーしておくことでカラーペイントの白っぽいザラザラの発生を効果的に抑えることができます。

塗装について

カラー塗装の方法(ボディ)

塗装の失敗と解決法

スプレーしすぎると液ダレの原因になりますので薄くスプレーします。

16 カラー塗装

ボカシ剤が乾かないうちにカラーペイントをスプレーします。

ホワイトパール系やイエロー、レッドなど明るいカラーについては、特性上隠ぺい力が低いため、塗り重ね回数が多くなります。

17 クリアー塗装 ※メタリック、パール・マイカ塗装の場合

カラー塗装より広い範囲をスプレーしていきます。

3回から5回塗り重ねていき、光沢感のあるクリアー塗装に仕上げていきましょう。

18 ボカシ剤

スプレー塗装した外周部分の白っぽいザラザラした箇所にまんべんなく塗れたように見えるまでスプレーします。


19 乾燥

塗料が完全に乾くまで約1週間、しっかり乾燥させます。


20 コンパウンド磨き

磨き作業は、コンパウンドシート→コンパウンド極細→液体コンパウンドの順に使用し、ピカピカに仕上げます。

コンパウンドについて

磨き仕上げの方法(ボディ)


近くから見ても目立たない納得の仕上がり!ゴール!

もっと簡単な補修方法を見る

  • EASY

    とりあえずキズが隠せればいいレベル


ページトップへ