みんカラ賞

コース1 超極細スプレーで速攻リペア!バンパーの表面をこすったキズ

受賞者 mmccjさん

補修結果 Before→After

受賞者インプレッション(「みんカラ」ブログより抜粋しています。)

まずは、手の感覚でどのくらい削れているかをかくにんします。こうやってしっかりと傷を見るのは初めてかも知れないです。

大きい傷と横の2箇所を今回は直そうと思います。

サンドキューブを使って傷の凹凸をなくしていきます。
手で作業するには適度な大きさで良い感じです。

サンドペーパを用意すると大きくてカットして使わなくてはならいですし、指で押さえつけるのも難しいのですが、サンドキューブは適度な大きさで、スポンジで均一に力を入れられるのもよかったと思います。

研磨後はこんな感じになりました。
最小限の部分で研磨できたような気がします。

ライト周りに間違って塗装が飛ぶと危険なので簡単に養生しました。
シリコンオフにて油分を取り除きます。
その後のウェスにてふき取りました。

それと研磨の時につかった水分も上から落ちてこないかを確認しました。

アータッチにタッチアップペンを取り付けるのですが、説明書に書かれたとおりに取り付けができました。

久しぶりに塗装するので、ダンボールにてどの位の距離が良いのかを確認しました。自分が思ったよりも近い距離で塗装するとよいことがわかりました!試し拭きは必要ですね!

そして、実際に塗装しました!

焦って多く塗ると塗装がたれてしまうためある程度塗ったところで塗装の状態を見ることに。まだ傷は隠れていないのでもう少し塗りました。

最後に仕上げスプレーを塗って終わりです。

完成具合は自分が思っていた以上の出来に驚きました!

タッチアップペンにて直そうと思っていのですが、仕上がり具合がかなりいいと思いました。
当たり前ですが、タッチアップでおこなうような凹凸が全くないです。時間にして1時間程度で終わりました。
カンスプレーだとちょっと塗装は難しいかなと思いますが、エアータッチだとスプレーする範囲も小さく、余り経験がない人にもできるのではないかと思いました。お勧めだと思います。

さあ、あなたも愛車の補修にチャレンジしよう!

このページで紹介している補修方法の詳細はコチラ!

あなたの愛車の補修方法をCHECK!

ページトップへ